睡眠薬通販・販売|エスゾピクロン・バスパー・眠剤の個人輸入

睡眠薬の種類・強さ・副作用・分類とその特徴・効果・口コミ

睡眠

睡眠薬の効果と依存症

投稿日:

睡眠薬

睡眠薬の作用・副作用

現代社会は、様々な医薬品が溢れていますが、その中でも、リスクの高い医薬品とは、睡眠薬ではないでしょうか?

睡眠薬を軽い気持ちによって服用したものの、それが仇となって、依存症気味になってしまったという方も周囲にいらっしゃるのではないでしょうか?

睡眠薬の通販サイトは、こちら↓

お薬館

そもそも人間とは、他の動物と比較しても、弱い存在と言えます。
なので、その弱さを忘れたいという意志のもとに、睡眠薬などに頼ってしまう傾向があります。
また、この事に関わらず、アルコールやタバコによって依存してしまうようなこともあります。

薬局では、現在に日本において、睡眠改善薬というものは、副作用か少なく比較的安全性が高いので、医師の処方箋は不要でスムーズに購入する事ができます。
また、もっと深刻なケースである場合には、病院に行くという選択肢もあるでしょう。
眠れない!という悩みを医師に相談された場合には、皮膚科でも、睡眠導入剤を処方してもらう事は現実的に可能です。

♢人気の睡眠薬並びに、その副作用とは!?

罹患頻度が高く、よく知られた睡眠障害には、やはり不眠症があるのではないでしょうか?

早朝覚醒や入眠困難などによって悩まされているのは、驚くべき事に、成人の約30パーセント以上とも言われています。

それに加えて、10パーセント以下の方は、二次性不眠症や、精神生理性の不眠症を伴っていると言われています。

単に眠れない!というのみでなく、不眠症とは、様々な精神や身体症状を伴うとされています。

不眠によって、抑うつや不安状態になったり、倦怠感や物事への集中力が低下するという事も報告されています。

不眠症とは、人的にも、社会的にも、非常に損失が大きなものとなっています。

不眠症によって長期休暇を強いられる、医療費が嵩むので、精神的な負担も大きいと指摘できるので、決して軽視できないです。

ある調査によれば、近年の睡眠薬の処方率というものは、増加の一途にあります。

平均してみれば、日本における20人に1人は睡眠薬を服用しているという事になります。

また、2009年時点では、一般成人において、少なくとも、3ヶ月に一度は睡眠薬の処方を受けているという人の割合は、4パーセントを超えるとされています。

では、具体的には、どんな睡眠薬が利用され、副作用が存在するのかということを考えていく事にしましょう。

 

睡眠薬と依存症

医薬品というものは、1度軽い気持ちによっ手をつけてしまえば、癖になってしまって、なかなか、そこから抜け出す事が困難になってしまうというものがあります。

その代表的なものが、不眠症改善に対して効果的な、睡眠薬と言えます。

最近の睡眠薬とは非常に利便性が高いと指摘できまして、その効き目は非常にスピーディーです。
なので、服用後、短時間によって、簡単に眠りつくということは十分に可能になっています。

しかし、睡眠薬服用にはデメリットがないというわけではなく、人によって、深刻な依存状態になってしまう事もあります。

これは睡眠薬の種類にもよるのですが、睡眠薬とは一般的に耐性が付きやすいというものも少なくないです。

また、睡眠薬服用を急にやめてしまえば、離脱症状が顕著に確認される事もあるので、一般的には徐々に服用量は減らしていくようにします。

また、長期服用者の方には、副作用が強く見られる傾向がありまして、気分に不調が確認されたり、性的な機能不全が確認されたりします。
人によっては、睡眠薬の服用によって、記憶障害という副作用が確認される事もあります。

不眠症改善のために服用したが、実際には、辛い経験をしてしまったという方も珍しくないです。

依存性の高い睡眠薬

バルビツール酸系
非バルビツール酸系
ベンゾジアゼピン系
非ベンゾジアゼピン系
オレキシン受容体拮抗薬
メラトニン受容体動作薬

依存性が高いとされる人気の睡眠薬には、幾つか存在しますが、代表的なものは、上記商品ではないでしょうか!?

リスミー、レンドルミン、ハルシオンとは、ベンゾジアゼピン系の、よく知られた睡眠薬とされていまして、長期間にわたり利用されてきたので、バラエティー豊富となっています。
他と比較して、スムーズに処方される傾向にありまして、多数のジェネリック医薬品というものが存在します。
なので、費やすコストを最小限のものにする事はできるようになっていてオススメです。

睡眠薬との出会いについて

ある女性のご主人ですが、胃がんの呪術によって、睡眠薬に対して、依存する傾向となってしまいました。

それ以前からも、不眠が頻繁に確認されるために、睡眠薬を処方される機会というものは、よくあったようです。
しかし、睡眠薬服用とは癖になってしまい、依存状態に陥るというリスクを考慮して、常に服用するのではなく、本当に必要なタイミングでしか服用しないようになったそうです。

しかしながら、その考えは、がん治療の際の入院によって考えがいっぺんする事になりました。
手術後に痛みによって、簡単には眠れないようになってしまうと、睡眠薬服用によってスムーズな睡眠を実現するようになりました。

これによって、この男性は、すっかりと睡眠薬に対する依存状態が形成される事になってしまいました。
医薬品というものには耐性というものが少なからず存在しますが、これは睡眠薬服用も例外ではありません。

何回も睡眠薬服用を繰り返している事によって、服用当初の用法容量では、間に合わないようになってしまいます。
最初は就寝前に一錠服用すれば問題なかったのが、必ず2錠服用するようにしなければ間に合わないという状態になるので、注意しなければなりません。

なぜ、睡眠薬依存となるのか、そして、その副作用とは?

睡眠薬服用によって実感できる効果とは、基本的に、日数が経過すればするほどに、それほどでもないように思えてきます。

この事によって、別の睡眠薬を併用されるという方もいらっしゃいまして、いずれにせよ、睡眠薬の服用量とは増えることがあっても減ることはないです。

以前と同等な効果を実感しなければならないと考えれば、実際に服用する睡眠薬の容量とは、最終的には初めの頃の数倍となってしまっていることがあります。

こうした睡眠薬の服用を通し、人は、記憶障害といった副作用が確認されるようになるのです、通常状態なら考えられませんが、ほんの少し前のことでも、全く思い浮かばないという事になります。

誤診なのですが、医師は、この事を、痴呆症と混合し、認知症の医薬品を処方しさまう事は珍しくないです。

事実として、胃がんとは、たとえ手術に成功したとしても、後遺症が残ってしまうことがあります。
なので、医師は、胃がん手術後には、様々な医薬品を、その対策のために処方します。

ダンピング症候群というものを、ご存知でしょうか?

胃がんの手術後には、よく確認されまして、胃を取り除いた後には、頻繁に、以前のように胃袋によってプールできないという状態になります。

なので、この事によって胃袋においてプールできないようになってしまえば、小腸に内容物が急激に流れ込んでしまうという状態になってしまうので注意が必要です。

早い段階でのダンピング症候群については、下痢や動悸といった不快症状が確認されるという事が一般的となっています。
のちには、集中が頻繁に切れるようになったり、手や指が震えるといった悩みに悩まされるというものも確認されているので、厄介です。

飲酒癖がないという事実にもかかわらず、肝機能が低下してしまっているというのであれば、睡眠薬服用によるところが大きいです。

他の医薬品に関しても決して例外ではありませんが、睡眠薬服用とは、特に肝臓の働きに関し、大きな影響を及ぼします。

もしも、肝機能が悪化していたり、突然の記憶障害によって悩まれているというのであれば、睡眠薬服用を思い切ってストップさせてしまうという方法も良いでしょう。

睡眠薬服用を一時的にストップさせましょう

権威ある医師なら、素人が指摘したところで反論されるかもしれませんが、勇気を振り絞り、睡眠薬服用を止めてみる事を、提案してみてはいかがでしょうか?

急に睡眠薬服用をやめれば心身ともに脅威となってしまいますが、睡眠薬服用を徐々に減らして、結果的に服用しないで済む状態を作り上げるというのであれば問題はありません。
睡眠薬服用をストップさせる事によって、本来の自分の健康を取り戻すという事は十分に可能です。

睡眠薬服用を止めることができたなら、服用中に、あれだけ目立っていた記憶障害があまり目立たないようになります。

変化は、それだけに留まらず、よく笑い、よく話すといった健康状態を取り戻せ、虚ろな目を改善させるという事も十分に可能です。

睡眠薬依存からの脱却というものは一見困難なように感じられるかもしれませんが、正しい手順を踏めば、安心安全に、そこから抜け出す事はできるようになっています。

もしも睡眠薬服用・或いは副作用によって、大脳や肝臓に対してのダメージがあるように感じられる場合には、決して無理をせずに、医師に睡眠薬処方に対し、ストップを願い出ましょう。

医師の口から出る認知症や痴呆症という言葉には注意しなければならず、必ずしも、そうであるとは限らないです。

実際は、認知症ではないという事もあるので、不要な認知症治療薬を無駄に服用しないようにしましょう。

はっきりとした原因が不明だったら、痴呆症であるとされるケースもありますので、完全に医師任せというのは、時には正解でない可能性があります。

不眠じゃないけど、快感を求めて、睡眠薬処方を求める!?

睡眠薬依存症の特徴について、ご存知でしょうか?
睡眠薬とは、服用をスタートさせる事に関しては比較的簡単ですが、逆に、そこから抜け出す事は困難であるという特徴があります。
もう必要なく、思い切って断薬しよう
と思っても、血圧が上昇したり、耳鳴りが生じたりという事が出てきてしまって、そう簡単にはいかないのです。
吐き気や不整脈というものもありますので、これらの離脱症状には注意するようにしましょう。

ドラマなどによっては、麻薬の切れた人が、禁断症状が出る事によって苦悩されている場面が描かれている事があります。
それと同じような症状が、睡眠薬服用の離脱症状にも、確認されるようになっています。

どうしても薬物依存から抜け出したい!という方の、壮絶な自分自身との闘いというものが存在します。
しかし、薬物依存からの脱却というものは、しようと思って、簡単にできてしまうものではありません。

中途半端になって、元に戻ってしまうというケースも少なからず存在しています。

睡眠薬依存の結末について、よくよく知っていれば、遊び感覚で、睡眠薬を利用しようとする人は少なくなるでしょう。

十分な知識を有していないために、本当な気軽な気持ちによって、お酒と睡眠薬を一緒に飲むといった愚行をしてしまうのです。

80年代には、睡眠薬を服用した時にある、もうろうとした感覚を楽しむ方もいらっしゃいましたが、一部の方であって、あくまで局所的なものとなっています。

しかし、最近では、本当に不眠症患者さんというのではなくとも、成り済ます事によって、ごくごく気軽に睡眠薬が処方されるという時代になったのです。

不眠症患者さんでなくとも、上手く成り済ませば、保険を適応する事によって、格安価格にて入手可能になっています。

本来なら健康状態を維持する目的で使用される健康保険証でありながら、わざわざ、不眠症ないにもかかわらず、本当に必要でない睡眠薬のために、健康保険証を利用するのは非常に愚かな行為だと言えます。
たとえ睡眠薬服用を続けていたとしても、週に一回や二回なら問題なしという感覚を本人は持っています。

カルテ記録が残るということを毛嫌いされる方に関しては、闇ルートによって、睡眠薬を手に入れるようにしています。
しかし、どんな入手方法であるという事は無関係に、同じことを繰り返していれば、必ず副作用の危険に晒されるという時が来てしまいます。
何年も、そんな事を継続している事によって、予期せぬタイミングで、歯磨きの時に、手が震えるといった経験をされる方がいらっしゃいます。
10年近く睡眠薬を服用するようにしていれば、激しい耳鳴りに悩まされるようになったという方もいらっしゃいます。

もしも、こうした事態になってしまえば、もう睡眠薬なんかとは、縁を切ってしまおうと考えるかもしれません。

しかし、睡眠薬と縁を切るには、離脱症状というものは避けて通れないです。

この離脱症状に関しては、その代償が非常に大きいので、単なる、お仕置きと捉える事は困難でしょう。

仮に、自分の子供が、睡眠薬のシートを持っている事に気がついた場合には、親として、何もしないでいる事は懸命ではありません。

脱法ドラッグや、危険ドラッグへのリスクに関して、よく指摘されていたりしますが、実際は、快楽を理由にする睡眠薬服用に関しても、麻薬と同等と指摘できます。

麻薬と、睡眠薬について

人が求める安心できる睡眠ですが、睡眠薬の服用なしなら、どのようにするのが、ベストなのでしょう?

基本的な考え方ですが、睡眠とは、量が大切なのではありません。
そうではなく、毎日の睡眠の質を大切にするようにしましょう。
質の良い眠りを形成するには、これから、ご紹介させて頂く、5つの事を実行するようにしましょう。

睡眠に関しては、睡眠を確保する時間が話題に挙げられますが、こちらは、それほどに神経質になる必要はありません。

よく寝た!という満足感が得られる睡眠時間には、個人差というものがあります。

年齢によっても変化してくるので、睡眠に関しては、量よりも質が大切という事を意識するようにしましょう。

実際には、そう上手くいかないということもありますが、あまり、何時には寝る!何時には起きる!という事に対して神経質になってしまえば、逆効果になってしまうので注意するようにしましょう。

いくら比較的早めに床に入ったとしても、なかなか深い眠りができず、だらだらとしてしまっているだけでら意味がありません。

質の悪い睡眠とはデメリットしかなく、翌日は適切な疲労回復ができていないために、一日中倦怠感を感じてしまう事になるでしょう。

具体的な例をご紹介すれば、休みの日に限って、本当は起きたいけど、なかなか起きれず、だらだらとしてしまうという事は、ないでしょうか?

こういった場合には、自然に、人間の身体が、睡眠を欲しているという状況なのでしょう。
もちろん、規則正しい生活をするという事は重要ですが、こういった日は、そこまで神経質にならなくても良いでしょう。

ここで大切になってくるのは、こうしてしまった事に対して、罪悪感を持ってしまったりしない事です。
時には、身体を普段よりも、休めるという事は、もちろん大切になってきます。

理想を言うと、人は、夜22時から、朝2時までは、成長ホルモンがよく分泌される時間帯であるということから、本来なら眠るべきです。
しかし、現代人は、とても多忙です。
なので、毎日確実に、夜22時には眠るという事を維持するのは困難であるかもしれません。

こうした観点から考えるのであれば、毎日何時間眠る、何時には寝るという事に神経質になるよりは、質の良い睡眠時間を、たとえ短時間であっても確保するようにすることが重要と言えます。

質の良い睡眠を形成するために、気軽にできること

朝起きたら、朝日を浴びるということが大切になってきます。

というのも、私達人間の身体とは、25時間サイクルというものに形成されています。

これを具体的に説明すれば、時計を与えず、日光すら当たらない環境に置かれるとします。
好きなとき寝て、起きるというように、完全に自分の身体に任せるといった生活をするとします。

すると、私達人間は、おおよそ、25時間サイクルに収束していくようです。

しかし、人間は現在、24時間サイクルによって生活しています。
なぜなのか研究者が調査することによって判明した事実とは、朝日によってリセットされているとのことです。

私達人間に関しては、目に光が入れば、この事によってセロトニンが形成されます。
こちらに関しては、別名幸せホルモンと言われいる神経物質です。
この神経物質とは、脳の覚醒のために、自律神経に働きかける事になります。

何もしなければ体内時計にズレが生じるので、幸せホルモンが、交感神経を刺激します。

私達の毎日の覚醒状態に関しては、幸せホルモンと言われるセロトニンによって維持されています。
しかし、夜になれば、このセロトニンの働きが非常に弱まってきます。

その後は、このセロトニンが変化し、メラトニンという睡眠ホルモンとなります。

従って、上記のことを踏まえれば、日中、しっかりと朝日を受けて、セロトニンを生成していなければ、夜のメラトニン生成もスムーズはいかないようになります。

なので、朝日を受けるということは重要になってきまして、1日のスタートとは、やはり朝日からでしょう。

まず、朝起きたら、忘れずに、朝日を浴びるようにしましょう。

質の高い夜の睡眠時間を確保するには、この朝日を忘れずに浴びるということが、とても重要です。

朝の体操は重要です!

夜の就寝とは、朝の目覚めが深くかかわっていますので、ここを疎かにはしてはいけません。
本気で質の高い睡眠時間を確保したいと考えるのであれば、朝しっかりと起きることが、最も重要であると指摘できます。
こうした観点からですと、朝のちょっとした体操や、散歩といった事も良いのかもしれません。
専門的になりますが、人は身体を動かす事によって、自律神経が、交感神経主導になるのです。
なので、体温や血圧の上昇ということが、自然に見込めるようになります。
こうした事によって、理想的な目覚めが実現されるようになります。

毎日残業続き、そして、朝も、とても早い!という方もいらっしゃるでしょう。

そんな人にオススメなのが、以下の運動です。

まずは、布団の中で、仰向けになるようにしましょう。

そして、全身で、伸びをするようにしましょう。

最後に、両手を伸ばし、開いたり握ったりという事を繰り返し行うようにしましょう。

グーパー体操によっても、セロトニン分泌が増えるということが判明しています、1度試してみては、いかがでしょうか?

できる限り、夕食は、就寝の2時間前には終えるようにしましょう

夜遅く就寝するという方も現代では決して珍しくありませんが、理想は、就寝の3時間以上前の食事です。
遅くなってしまったとしても、2時間以上前に止めるべきです。
これには明確な理由がありまして、それは、ごくごく当たり前ですが、寝る直前に食事を摂取するようにすれば、寝ることよりも食物の消化という事に身体が一生懸命になってしまいます。
質の良い睡眠時間が確保できないというのは、この事によって、なかなか体温が下がらないという事に他なりません。

睡眠には2種類のものが存在しています。

既に、皆さん、ご存知かもしれませんが、ノンレム睡眠とレム睡眠というものですね。

眠りついた直後には、ノンレム睡眠が見られるのが一般的です。
そして、レム睡眠に関しては、ノンレム睡眠後に、移行するとされています。

ノンレム睡眠とレム睡眠に関しては繰り返されます。
個人差はあるものの、一般的には、四回から五回は繰り返されるとされています。
ところが、睡眠直前に、食事をしてしまうと、質の良い睡眠時間が得られないようになってしまいます。
これは、睡眠直後のノンレム睡眠の質が悪くなってしまうからですね。
誰でも、こうした負の連鎖に関しては、早めに断ち切りたい!と考えるでしょう。

しかし、どうしても!という事も時には、あるでしょう。
そんな時には、極力脂っこいものは避けるように努めましょう。
そして食べ過ぎに、腹八分目にセーブするようにしましょう。

テレビ、そしてスマホやパソコンであっても、入眠1時間前には、すべきではありません

昔と違って、現代人に関しては、夜遅くまで働きがちとなっていまして、就寝時間に関しても、午前0時を超えてしまうという事も珍しくはないです。
良い睡眠を取ろうとしても、いつも交感神経主導というようになってしまいます。

人間は基本的に夜は、副交感神経が優位になってしまいます、なので、夜に残業をしても、日中よりも、効率的な仕事ができないという事は珍しくはありません。

同じ仕事をするにしても、夜遅くまで仕事をしてというよりは、毎日決まって定時に帰って、朝人よりも早く出勤して仕事に取り組むという方が、よっぽど効率的な仕事ができるでしょう。

これに加えて、最近は就寝直前まで、スマホやPCの画面に向かっているという方がいらっしゃるようです。
しかし、それは、決して勧められるようなものではありません。

脳の興奮状態とは、スマホやPCの画面を目で追う事によって、もたらされます。
そうなれば、もちろん、眠る準備は、いつまでもできないという事になってしまいますから、注意が必要です。

理想をいうと、メラトニンの働きをよくするために、寝る直前には、テレビやPC、スマホといったメディアの電源はオフにすべきでしょう。

就寝直前のスマホ閲覧とは、安眠妨害になりまして、副交感神経を優位にするため、阻害要因に関しては、できるだけ排除するようにしましょう。
部屋の明かりに関しても、真っ暗にする方が良いでしょう。

安眠には、自分だけの入眠儀式が重要となります

一定の習慣性というものが、人の睡眠にはあります。
どういうことかというと、意識の有無に関係なく、毎日のように質の悪い睡眠を取り続けているという事です。

質の悪い睡眠を続けている事によって、知らず知らずのうちに、人は免疫力のない身体を作り上げてしまいます。
なので、この事によって、いつ、どんな病に倒れてもおかしくない状態にあると指摘できるでしょう。

さこからの脱却には、質の高い眠りに導く、自分なりの工夫というものは、もちろん必要になってきます。

就寝のきっかけ作りには、ぬるめのお風呂に入るという事は良いでしょう。
パジャマに着替えて、今から寝るという、きっかけを作りを入眠儀式として行うというのも良いでしょう。
面倒くさいと思っても、怠るべきではありません。

最近の若者に多い事には、自宅に帰宅すれば、早々に、パジャマではなく、楽に動けるジャージに着替えて、そのまま眠るというスタイルがあります。
楽なスタイルでいれば落ち着くかもしれませんが、なかなか、いざ眠るというスイッチの切り替えがなかなか付かないという方もいらっしゃいます。

なので、よりスムーズに眠りたいというのであれば、面倒でも、寝る直前に、パジャマに着替えるという事をオススメします。

毎日のように、決まって寝る直前にパジャマに着替えるというようにしていれば、質の高い睡眠時間が確保できる、入眠儀式という事になるでしょう。

もちろん全ての人にとって理想の、入眠儀式というものはありませんし、一人一人、様々なものがあります。
自分にとって最適な入眠儀式を発見するということが、とても重要になってきます。
ある人は、就寝直前に、軽いストレッチをされるという方もいらっしゃいます。

一方で、夜は、静かな音楽を聴く事によって安眠状態を実現されるという方もいらっしゃいます。

睡眠薬まとめ

最後に、これまでの、まとめについて、ご説明させていただきます。

睡眠薬とは、簡単に処方される、時には、自分にとって、かなり高リスクな商品となってしまいます。
睡眠改善薬、市販薬とは、副作用が少ないから安心して利用できると喧伝されていたりします。
しかし、副作用の感じ方というものには個人差がありますので、安心しきるという事はしないようにしましょう。

どんな人にも、不眠症になってしまうリスクというものは存在します。

どんな不眠症であっても、そこには、何らかの原因が存在するものです。

なぜ、自分自身が不眠症になってしまっているのかという大切な根本的な部分を無視して、不眠症気味になってしまったら、とりあえず、医者や睡眠薬通販に頼るということが、一般的となっています。

これが、依存症になってしまっている、大きな要因と言えるかもしれません。

薬や医師に何かあれば直ぐに頼るというスタイルばかりではなく、なぜ、不眠症にになっているのかについて、しっかりと考えるようにしましょう。

 

睡眠薬の通販サイトは、こちら↓

お薬館

 

-睡眠
-

執筆者:

関連記事

快適な睡眠

睡眠のメカニズム

目次1 ノンレム睡眠とレム睡眠2 睡眠段階の分類3 睡眠リズムは90分周期4 睡眠の性差と睡眠不満5 見張り番メカニズム6 睡眠物質の発見7 眠りにはリズムがある8 行動的評価法9 視覚ビジランス課題 …

睡眠の質を改善する方法

目次1 不眠症のカテゴリー2 生活習慣を見直す3 眠りの環境を見直す4 寝具を見直す5 眠りのためのカラーセラピー6 運動と眠りの相関関係7 睡眠と瞑想8 眠りを導くサウンド9 深い眠りのNG要素10 …

睡眠薬と精神安定剤

目次1 不眠・睡眠障害にも種類があります1.1 熟眠感の欠如「眠った気がしない、眠っていないと感じる」1.2 入眠困難「寝つきが悪い」1.3 中途覚醒「夜中に目が覚める」1.4 早朝覚醒「朝早く目が覚 …

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は病気です

目次1 いびきのメカニズムと危険ないびき2 睡眠時無呼吸症候群(SAS)をチェックする簡単な方法3 米国のSAS対策の進展4 子どものいびきの原因5 睡眠の問題が引き金になった世界の大惨事6 睡眠時無 …

睡眠障害

睡眠障害

目次1 睡眠不足になるとどんなことが起こりますか?2 すぐ眠れる人となかなか眠れない人がいるのはなぜでしょう?3 老人になると、なぜ夜間睡眠中の尿意による覚醒が増えるの?4 なぜ夢を見るのでしょう?5 …