睡眠薬通販・販売|エスゾピクロン・バスパー・眠剤の個人輸入

睡眠薬の種類・強さ・副作用・分類とその特徴・効果・口コミ

睡眠

睡眠薬・睡眠導入剤とは?

投稿日:

睡眠薬・睡眠導入剤

睡眠導入剤とは?種類・強さ

心の病気によって、睡眠状態が不安定となってしまう時には、大変よく、睡眠導入剤や睡眠薬などが利用されています。

睡眠状態が悪くなってしまえば、とてもデメリットというものは大きいのです。

物事に通常通り集中できなかったり、場合によっては、自律神経失調症になってしまったりしますから注意しましょう。

なので、様々な病気の治療を適切にしようと思えば、睡眠状態を優先的に整えるようにする事は非常に大切になってきます。

睡眠薬の通販サイトは、こちら↓

お薬館

睡眠薬・睡眠導入剤・眠剤とも呼ばれたりしますが、代表的な系統は、以下のようになっています。

非ベンゾジアゼピン系
超短時間型:マイスリ―・アモバン・ルネスタ
ベンゾジアゼピン系
超短時間型:ハルシオン
短時間型:レンドルミン・エバミール/ロラメット・リスミー・デパス・
サイレース/ロヒプノール
中間型:ユーロジン・ベンザリン/ネルボン
長時間型:ドラール
メラトニン受容体作動薬:ロゼレム
オレキシン受容体拮抗薬:ベルソムラ
バルビツール酸系:ラボナ・イソミタール
※バルビツール酸系は古いお薬で安全性が低く、使われることは稀。

以下も、参照しましょう。

マイスリ―:ゾルピデム
アモバン:ゾピクロン
ルネスタ:エスゾピクロン
ハルシオン:トリアゾラム
レンドルミン:ブロチゾラム
エバミール/ロラメット:ロルメタゼパム
リスミー:リルマザホン
デパス:エチゾラム
サイレース/ロヒプノール:フルニトラゼパム
ユーロジン:エスタゾラム
ベンザリン/ネルボン:ニトラゼパム
ドラール:クアゼパム

睡眠薬の効果効能、そして副作用に関して、触れていきたいと思います。

単に睡眠薬を利用するというのではなく、自分自身の睡眠習慣に関しても、見直しを図っていく事は、とても重要な要素です。

睡眠薬とは、利用すべき時には、もちろん、しっかりと利用するようにすべきです。

しかし、必要なくなった場合には、徐々に減薬していくという努力は忘れてはなりません。

こちらの記事をご参考にされて、睡眠薬に関して、適切な理解を深めるようにしましょう。

睡眠薬の作用メカニズムから2つに分類

睡眠薬とは主に、作用機序の違いから、2つのタイプに分類される事を、ご存知でしょうか?

・脳の機能を低下させる睡眠薬
:ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系・バルビツール酸系
・自然な眠気を強くする睡眠薬
:メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬

現在利用されている、ほとんどの睡眠薬に関しては、脳機能の低下によって、睡眠作用がもたらされるようになっています。

神経活動を睡眠薬の効果によって抑制する事によって、催眠作用が得られるようになっているというメカニズムです。

効果は人によって異なりますが、近年発売されるようになっている睡眠薬を利用すれば、これまでの睡眠薬を用いるよりも、より自然な眠気を感じることができるようになっています。

こちらの睡眠薬を利用すれば、生理的な物資の働きを上手く調整する事ができるようになっているのです。

前者の睡眠薬は強制的な作用をする睡眠薬なのに対して、後者の睡眠薬は個人差はあるものの、睡眠薬として自然な効果が実感できると評判です。

脳の機能を低下させる睡眠薬

現在、メインで利用されている睡眠薬・睡眠導入剤といったら、以下でしょう。

・ベンゾジアゼピン系
・非ベンゾジアゼピン系
・バルビツール酸系

GABAの働きを強めることによって、上記の睡眠薬は、催眠作用をもたらします。

GABAとは、脳内の神経伝達物質という位置付けです。

このGABAの働きとは具体的には、脳内の興奮を抑える作用が期待できるようになっているのです。

バルビツール酸系の睡眠薬に関しては量が増えると危険です。

というのも、間接的な働きだけでなく、直接的な働きまで、生じるようになってしまうからです。

このことによって中枢神経系を過剰に抑制する事は危険です。

なので、最近は、あまりバルビツール酸系の睡眠薬が利用されるという事はありません。

なので、最近では、一般的に、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系の2つがメインとして利用されるようになっています。

細かくベンゾジアゼピン系を分類させて頂くなら、以下のようになります。

・ベンゾジアゼピン系:ω1+ω2
・非ベンゾジアゼピン系:ω1

作用も微妙に異なってきまして、

・ω1:催眠作用
・ω2:筋弛緩作用・抗不安作用

上記のようになっています。

非ベンゾジアゼピン系に関しては、ふらつきといった作用は軽減されていると言えるでしょう。

睡眠薬を選択するポイントは幾つか存在しますが、

・作用時間
・強さ

この2つを計算して、利用するようにしましょう。

自然な眠気を強める睡眠薬

最近では、強制的な眠りを導く睡眠薬ではなく、睡眠に関係する生理的な物質を適切にコントロールできる睡眠薬が充実するようになってきています。

最近の睡眠薬に関しては、主に、2つの物質に関係する睡眠薬なのです。

・メラトニン受容体作動薬:ロゼレム
・オレキシン受容体拮抗薬:ベルソムラ

メラトニンの分泌を促す事が可能になっていますから、ロゼレムとは評判の睡眠薬となっています。

ロゼレムの服用によって、メラトニン分泌のメリハリをしっかりと付ける事ができるようになります。
基本的には、メラトニンとは、20時頃から分泌がされるようになるとされています。

日が明ける頃になると、メラトニンとは、自然に消失するようになるのです。

また、ベルソムラという睡眠薬を、ご存知でしょうか?

こちらの睡眠薬を利用するということによって、オレキシンの働きをブロックできるとされています。

このことによって、覚醒状態から睡眠状態へのスイッチを切り替えやすいようにすることが可能です。

効果の実感の仕方には、もちろん、個人差というものがあります。
しかし、生理物質作用するというタイプの商品のため、依存性などのリスクは低いのではないでしょうか。

睡眠薬の作用時間の違い

ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系とは、最近の睡眠薬のなかで、大変よく重宝されています。

これらの睡眠薬の大きな特徴として、脳の機能を低下させることによって、適切な睡眠状態を作っていきます。

睡眠薬としての効果を検討していくには、作用時間というものがキーポイントとなってきます。

作用時間に関しては、大きく分けて、以下のように区分できますから、ご確認ください。

超短時間型:効果のピークは1時間未満、作用時間は2~4時間
(ハルシオン・マイスリー・アモバン・ルネスタ)
短時間型:効果のピークは1~3時間、作用時間は6~10時間
(デパス・レンドルミン・エバミール/ロラメット・リスミー)
中間型:効果のピークは1~3時間、作用時間は20~24時間
(ロヒプノール/サイレース・ベンザリン/ネルボン・ユーロジン)
長時間型:効果のピークは3~5時間、作用時間は24時間~
(ドラール・ベノジール/ダルメート・ソメリン)

睡眠薬の強さの違い

睡眠薬の強さによって、睡眠薬のタイプは分類されるようになっています。

ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系について、作用時間の違いを、検討していきましょう。
♯最高容量での比較となります。

超短時間型:効果のピークは1時間未満、作用時間は2~4時間
(ハルシオン>アモバン>マイスリー≧ルネスタ)
短時間型:効果のピークは1~3時間、作用時間は6~10時間
(レンドルミン≧デパス≒エバミール/ロラメット>リスミー)
中間型:効果のピークは1~3時間、作用時間は20~24時間
(ロヒプノール/サイレース>ベンザリン/ネルボン>ユーロジン)
長時間型:効果のピークは3~5時間、作用時間は24時間~
(ドラール>ベノジール/ダルメート≒ソメリン)

睡眠薬以外の不眠に効果のあるお薬

睡眠薬以外にも、実は、不眠症に効果のあるものが存在します。

それは、抗不安薬や抗精神病薬と呼ばれるものです。
人によっては、睡眠薬よりも、上記2つの方が不眠症が効果的に解消される事があります。

抗鬱剤の中でも、睡眠薬代わりに利用される商品に関しては、鎮静系抗鬱剤と呼ばれています。

この鎮静系抗鬱剤の投与によって、
セロトニン2受容体をブロックする事ができるのです。

深い睡眠ができるようになる事が、人気の秘訣とされています。

催眠作用や抗ヒスタミン作用も強いのは、NaSSAや四環系、三環系です。

トリプタノールなどの三環系抗うつ薬が利用されるのは、悪夢の時です。
というのも、トリプタノールなどの三環系抗うつ薬を用いることによって、REM睡眠を減らすことができる効果を実感できるからです。

【抗精神病薬】

抗精神病薬の利用によって、ドパミン2受容体を効果的にブロックできる事がわかっています。

このことによって、鎮静作用が得られるというフローです。

非定型抗精神病薬には、SDAやMARTAがありまして、こちらには、セロトニン2A受容体の作用をブロックする働きが期待できるようになっています。

なので、非定型抗精神病薬の利用によって、睡眠を深くするということは、無理なくできるようになっています。

睡眠薬の「睡眠の質」への影響

睡眠薬の利用によって、睡眠時間の長時間化が期待できるようになっています。

また、睡眠薬の利用によって、睡眠の質が大きく変わる事があります。

レム睡眠とノンレム睡眠、こちらの2つに、睡眠は分類できるようになっています。

人間が夢を見ている状態の睡眠とは、レム睡眠です。
レム睡眠の状態ですと、身体では休息をとっていますが、脳内では情報の処理をしています。

レム睡眠が減少することにはデメリットがありまして、記憶が定着しづらいということになります。

身体の疲れがなかなか取れなかったりもすると、言われていたりします。

四段階の深さに分類できまして、ノンレム睡眠というものがあります。

脳が休みを取っている状態とは、ノンレム睡眠の深い状態と言えます。

深い睡眠が減ってしまえば、熟眠感などが適切に得られないかもしれません。

また、免疫などが低下してしまう恐れもあります。

ノンレム睡眠・レム睡眠には、メリハリという事が、とても重要になってきます。

ストレスや疲労感の回復には、とても重要です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に関しては、全般的に、浅い睡眠を増やす特徴があります。

なので、睡眠のメリハリは悪くなってしまいます。
睡眠の質が悪くなってしまうデメリットがありますので!注意しましょう。

抗鬱剤や抗精神病薬を含めて、睡眠の質は考えていくようにします。

不眠のタイプ別の薬の使い分け

不眠のタイプ
不眠期間の長さ

上記2つによって、睡眠薬というものは使い分けていくようにします。

不眠のタイプには様々なものが存在しますが、作用時間と睡眠の質によって、適切に使い分ける事は、とても重要になってきます。

途中覚醒や早朝覚醒に対して、ベルソムラという睡眠薬は、とても素晴らしい効果が期待できるようになっています。

ベルソムラという睡眠薬の特徴として、自然な眠気を強くすることが可能になっているのです。

体内時計のリズムを調整できるので、ロゼレムもよく選択されています。

作用時間の観点からすると、睡眠薬とは、以下のように使われています。

入眠障害:超短時間型~短時間型
中途覚醒:短時間型~長時間型・ベルソムラ
早朝覚醒:中間型~長時間型・ベルソムラ

作用時間ではなく、睡眠の質という観点からすると、

熟眠障害:ロゼレム・ベルソムラ・鎮静系抗うつ薬・抗精神病薬
悪夢:三環系抗うつ薬
睡眠覚醒リズム障害:ロゼレム

以上のような分類ができます。

また、不眠症によって悩まされている方に関しては、不眠症によって苦悩されている期間も、しっかりと考慮しなければなりません。

一時的な不眠:短い睡眠薬
慢性的な不眠→長い睡眠薬・自然な眠気を強める睡眠薬

基本的には、慢性的な不眠であるという場合には、作用時間の長い睡眠薬を利用するという事が一般的です。

慢性的な不眠症には、ベルソムラのような睡眠薬は最適でして、自然な眠気を強めるので、依存症のリスクは少ないでしょう。

また、一過性の不眠症であるという場合には、短い効果時間で、効果の比較的強いものを利用するようにします。

このような睡眠薬を利用することによって、一時的な不眠改善を図ります。

心身の状態が改善されるので、不眠が改善される可能性は高いです。

睡眠習慣を見直すことが重要

睡眠習慣をしっかりと見直していくことは、睡眠薬使用と同じく重要なポイントとなります。

睡眠習慣ということにも目を向けて、睡眠薬に対して、極端に依存するような事がないようにしましょう。

不眠で寝付けないといった時には、どのような対策をするようにしていますか?

実は、多くの方は、間違った対策をするようにしています。

不眠をかえって悪化させる可能性があるので、お酒に頼りすぎたり、なるべく早く寝るといった事を意識しすぎないようにしましょう。

お酒を飲めば眠れるといった感覚があるかもしれますんが、これは一時的なものです。

睡眠の質を落としてしまうことになりますから、注意したいところです。

加えて、眠れない時には、できるだけ早く寝るといった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そうしたにもかかわらず眠れなければ、かえって、自分の不眠症に対するイメージが強くなってしまいます。

そうではなく、睡眠時間は、なるべく絞るようにした方が良いとされています。

どうしても眠れないという時には、睡眠薬を利用するというのも良いでしょう。

睡眠時間は5、6時間というデッドラインを設定するようにします。

その時間までは、自然な眠気によって、ベッドに入るということにします。

眠れないようであれば、頓服を直ぐに利用するという手順を踏みます。

重要なのはベッドに入れば眠れる!というイメージ作りです。

睡眠薬の副作用と対処法

睡眠薬の副作用について、焦点を当てていきたいと思います。

睡眠薬のタイプによって、睡眠薬の副作用とは、違いが出てきます。

睡眠薬の中でも、バルビツール酸系に関しては、安全性が低いとされています。

現在は、あまりバルビツール酸系睡眠薬が利用されるという事はありません。

自然な眠気を強めるので、メラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬などは評判です。
しかし、メラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬の欠点として、個人差はありますが、人によって眠気を翌朝まで、持ち越してしまう事があります。

ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系によって、睡眠薬としての副作用には違いがあります。

作用時間が長い睡眠薬・・・眠気・ふらつき
作用時間が短い睡眠薬・・・健忘・依存性

作用時間が長い睡眠薬に関しては、基本的には、薬が身体にゆっくりと溜まっていくようになります。
なので、翌朝に、薬の効果が持ち越してしまうといった事は、しばしばあります。
また、筋肉を緩める効果が、日中に確認されてしまうこともあるので、注意しましょう。

また、効果の短い睡眠薬を利用すれば、薬が顕著に作用するということになります。

なので、人によっては、健忘を引き起こしてしまったりします。

加えて、薬の急激な変化に対応していこうとするため、人によっては依存症のきっかけになってしまうこともあります。

①眠気

理想は、睡眠薬というのは、夜間のみ作用することです。
しかし、睡眠薬によっては、持ち越し効果が生じてしまうことがあります。

強い眠気で朝起きれない
午前中にボーっとして集中できない
気が緩むと居眠りをしてしまう

↑のような事が引き起こされてしまいます。

中間型や長時間型の睡眠薬とは基本的に、1日経過しても完全には、薬が抜けるってことはありません。

眠気が生じやすいコンディションとなってしまうわけですが、

持ち越し効果の見られた場合には、

睡眠時間をしっかりととっているかを確認する
薬を調整する

といった事を、行うようにしてください。

具体的な、薬の調整としては、

薬の量を減らす
作用時間の短い睡眠薬に変更する

何れかを選択しましょう。

②ふらつき

また、睡眠薬には、筋弛緩作用といった効果があります。

良い方に働けば、ふらつきといった副作用になるので注意しましょう。

肩が凝っているように感じられたり、身体の緊張が強いのは、好ましい傾向だと認識しましょう。

しかし、高齢者の方に、筋弛緩作用の副作用が見られた場合には、転倒などの事故に発展してしまう可能性がありますので注意したいところです。

筋弛緩作用が強い睡眠薬とは、作用時間が長い睡眠薬つどあるという特徴があります。

ふらつき対策として効果的なのは、

薬の量を減らす
作用時間の短い睡眠薬に変更する
筋弛緩作用の弱い睡眠薬に変更する

といった、ところではないでしょうか?

ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系との比較検討をすれば、非ベンゾジアゼピン系の方が、ふらつきの副作用は少ないと指摘できるでしょう。

③健忘

睡眠薬を服用した時に、記憶が曖昧になっているような感覚を持ったことはありませんか?

記憶が曖昧になっているとはいえ、第三者から見れば、いつも通りの行動を取っているように感じられます。

睡眠薬を服用して、健忘や、前向性健忘といったものが確認されますが、睡眠薬を服用して以降の記憶が曖昧になってしまうので注意しましょう。

なぜ、このような状態になってしまうかですが、これは、睡眠薬によって中途半端な覚醒状態を導入してしまうことによるものです。

記憶に関係する脳の機能が低下してしまうので、注意しましょう。

急激に作用する睡眠薬を利用すれば、前向性健忘は起こりやすいと言えるでしょう。

作用時間が短い睡眠薬
効果が強い睡眠薬
睡眠薬の量が多いとき
アルコールと睡眠薬を併用したとき

前向性健忘に対する対策としては、

寝る直前に睡眠薬を服用すること
絶対にアルコールと一緒に睡眠薬を飲まない


といったところでは、ないでしょうか!?

それでも、前向性健忘が確認されるなら、

薬の量を減らす
作用時間の長い睡眠薬に変更する

といった手段を取るようにします。

④反跳性不眠(離脱症状)

また、睡眠薬とは基本的に、長期間服用していれば、身体に慣れてしまうようになるのです。

そうすれば、以前と同じ量の睡眠薬をは供養していても、適切な効果の実感はできないようになってしまいます。
睡眠薬の離脱症状と指摘されることもありますが、反跳性不眠には注意するようにしましょう。

反跳性不眠によって、睡眠薬の服用がストップできないようになっている可能性がありまして、睡眠薬がないから眠れない!ということは的外れであるということもあります。
常用量依存と呼ばれるものがありまして、睡眠薬の量は増えていないにもかかわらず、睡眠薬の服用がやめられないようになってしまいます。

世の中には依存しやすい睡眠薬というものがあります。

代表的な睡眠薬とは、

バルビツール酸系やベンゾジアゼピン系
作用時間が短い睡眠薬
効果が強い睡眠薬

ではないでしょうか?

睡眠薬依存への効果的な対策としては、

睡眠に良い生活習慣を意識する
依存しにくいタイプの睡眠薬を使う
作用時間が長い睡眠薬にする
できるだけ少量・短期間で使う
アルコールと一緒に服用しない

といった事が、挙げられます。

最も重要になってくるのは、睡眠薬を漠然と服用しないという事です。

1番の理想は、やはり、睡眠薬には、極力頼りすぎないようにすることです。

自然な眠気というものを、大切にしていきます。

睡眠薬の選択とは、とても重要なキーポイントになってきます。

できれば、依存を形成しにくい睡眠薬を利用するようにしましょう。

基本的には、一過性の不眠症であれば、作用時間の短い睡眠薬を選択するようにします。

慢性的な不眠症であるという場合には、比較的作用時間の長い睡眠薬を選択するようにしましょう。

睡眠薬とは、用法容量という大切なポイントをしっかりと押さえて服用するようにしていれば、極端に依存症を恐れる必要はありません。

何気なくアルコールを摂取しているかと思いますが、アルコール依存症と比較すれば、ぜんぜんましです。

♢睡眠薬の妊娠や授乳への影響

授乳中や妊娠中に関しては、極力、睡眠薬などの服用は避けるべきでしょう。

しかし、睡眠薬を服用しなかったら、不眠症が、とても深刻な状態になってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

主に2つのことを基準して、妊娠や授乳への睡眠薬服用の影響は考えるようにします。

妊娠への影響を考えるに際しては、

奇形をおこしやすいか(催奇形性)
薬の成分が胎児に届くことによる影響

という事は、考慮に入れるようにしなければなりません。

睡眠薬とは、これまでに、口唇口蓋裂のリスクが高まると指摘されてきたりもしました。
FDAの判断でも、そこそこの認識が示されています。

しかし、一方では、因果関係はないとの判断は示されています。

また、睡眠薬の服用に際しては、出産後に注意をする必要があります。

離脱症状が確認されたり、赤ちゃんに鎮静が確認されたりする可能性があるからです。

しかし、ちゃんと事前に産婦人科の先生に、伝えておくという事を怠る事がなければ、過度な心配は無用です。

だがしかし、

ハルシオン
ユーロジン
ドラール
ダルメート/ベノジール

に関しては、FDAの判断によっては、禁忌との認識が示されています。

添付文章では、有益性が上回る時には、服用しても問題ないとされています。

なので、必ずしも、禁忌と言い切ることもできないかもしれません。

授乳中の睡眠薬服用に関しては、あまり勧められていない事があります。

というのも、赤ちゃんに伝われば、眠気を強める可能性があるからです。

赤ちゃんの成長が止まってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

人工乳哺育にする
作用時間が短いものにする
服用してからの間隔をあける(服用の直前に哺乳する)
量を減らす

上記のような対処法は有効かもしれません。

市販の睡眠薬(睡眠改善薬)の効果とは?

これまで、ご紹介させて頂いた睡眠薬に関しては、医師の処方によって入手するものとなっています。

薬剤師がいれば、ドラッグストアでも、師範が可能な場合があります。

しかし、誤解がないように、お伝えしますが、

ほとんどは、

抗ヒスタミン薬:風邪薬やアレルギーのお薬の眠気を利用
漢方薬:気持ちが落ち着く生薬を配合

となっています。

医師の処方によって手にする睡眠薬と、薬局で手に入る睡眠薬に関しては、大きな違いがあります。

具体的には、

成分や仕組みが全く異なる
市販薬の睡眠薬(睡眠改善薬)は、一時的な不眠状態にしか向かない

という事です。

一時的な時差ぼけなどには、薬局の睡眠薬を利用してみるというのも効果的でしょう。
しかし、不眠が慢性化しているという時には、それほど大きな効果は期待できないかもしれません。

不眠の理由には様々なものが、想定されるようになっています。

1つ言える事がありますが、不眠状態が慢性化しているという時には、市販薬では適切な対処が困難です。
そのような場合には、医師の処方によって、睡眠薬を手に入れる必要性があります。

抗ヒスタミン成分の市販睡眠薬

おもに、抗ヒスタミン薬には、以下のような商品があります。

ドリエル
ネオディ
マイレストS
ナイトール
グ・スリーP
プロリズム
ドリーミオ
カローミン
アンミナイト

ジフェンヒドラミンという主成分が利用されている抗ヒスタミン薬に関しては、覚醒に伴う、ヒスタミンの働きをブロックします。

このことによって、適切な睡眠状態を作り出すという流れです。

このような医薬品に関しては、アレルギーや花粉症の治療という場合にも、よく用いられています。

不眠症でないという方が、抗ヒスタミン薬を服用した場合には、強い眠気に襲われてしまう事があります。

この作用を応用して、不眠症患者さんの多くは救われています。

しかし、この効果効能というものは、基本的に一時的なものとなっています。
長く使えば使うほどに、初めの頃のような効果が得られないようになったりします。

漢方成分の市販睡眠薬

抗ヒスタミン薬以外では、漢方薬というものも販売されていたりします。

漢方薬には、気持ちを落ち着かせる生薬が配合されているものがあります。

レスフィーナ
イララック
パンセダン

♢日本人が眠れないときに頼るのは・・・

皆さんは、どうも寝つきが悪いといった時には、どのような対策をするようにしていますか?

実際、眠れない時には、日本人は、お酒に頼るといったことが非常に多いです。

諸外国で比較した時には、日本人は、睡眠薬を処方してもらうよりも、アルコールに頼った不眠症対策をされるという事が非常に多く見受けられます。

しかし、最近は、少し、日本人の方の睡眠薬の処方率は上がってきたように感じられます。

これは、心の病気に関する敷居が少し、低くなったからではないでしょうか?

しかし、今でも睡眠薬ではなく、アルコールに頼った不眠症解消をされているという方も多数いらっしゃいます。

これは誤った方法です!

アルコールとは、大切な睡眠に対しては、大きな悪影響があります。

アルコールによって一時的な不眠症対策はできるかもしれませんが、アルコールとは結局のところ、睡眠の質を低下させてしまいます。

そして、トイレも近くなるので、アルコールによって不眠症対策はおすすめできません。

また、アルコールによって不眠症を解消しようとすると、熟眠感がなくなってしまう事がわかっています。
これは、気道が圧迫され、睡眠時のスムーズな呼吸が妨げられる事によるものです。

加えて、アルコールによって対症療法的な不眠症対策をしていても、回数を重ねると、少しずつ慣れてきます。

そして、なんだ効かないのかと考えてアルコールによる不眠症対策を急にストップさせれば、不眠が顕著に確認されるという悪循環です。

アルコールに頼ってばかりいると、不眠をどんどん悪化させてしまうので、早い段階での専門医への、ご相談をおすすめします。

 

睡眠薬の通販サイトは、こちら↓

お薬館

 

-睡眠
-

執筆者:

関連記事

no image

睡眠は本当に必要か

目次1 瞬間的な睡眠2 脳半球睡眠とうとうと状態3 睡眠の脳内メカニズム4 レム睡眠の神経機構と神経伝達物質5 ノンレム睡眠の神経機構と神経伝達物質6 前脳基底部のはたらき7 睡眠中のからだと脳8 睡 …

no image

昼寝でパワーアップ

短時間の仮眠で活力を取り戻す 私は学生ですが、午後になるといつもすごく疲れて、昼寝を長めにしないと夜に勉強ができません。トレーニングだけでなくスポーツも行っているので、運動量はかなりの量になります。食 …

no image

正しくない睡眠は、人生という限られた時間の無駄遣い

目次1 頭がよくなる睡眠とは?2 正しい睡眠を取り戻したとき、人間のIQはアップする3 正しい睡眠時間を取り戻すことがIQを上げる最短ルート4 「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」5 夢分析はナンセンス、正 …

デパス1mg

ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは?

目次1 ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用メカニズム2 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用3 ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用時間と副作用4 作用時間による睡眠薬の分類5 ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用5. …

睡眠は25時間サイクル?

睡眠は25時間サイクル?

目次1 ずれてゆく睡眠パターン2 洞穴の中で暮らしてみると3 遅い時計と早い時計4 「眠りの扉」と「睡眠禁止ゾーン」4.1 この記事を見た人はこんな記事も見ています 25時間サイクルの睡眠 ずれてゆく …